競合他社がなかなかやりたくてもまねの出来ないコンテンツ作成で、自社ホームページからの集客アップから反響獲得を狙います。

サイトマップ
インフォアドバンス

TEL:03-5656-7733

メインは自社サイト

「地域名+賃貸or売買、不動産」といったキーワードで検索すると1ページ目
(下手をすると2ページ目)は大手不動産ポータルサイトならびに大手フラン
チャイズ店のポータルサイトが大半を占めてしまっているのが現状です。
この状況を見る限りポータルサイトを主力にしたほうが一見よさそうです。
では何故自社サイトに注力する必要があるのでしょうか?

実はポータルサイトに訪れるお客さんは「浅く」「広く」情報を得る目的で
利用していることが少なくありません。
(不動産以外のポータルサイトでも同様の現象が見られます)
またポータルサイトの性質上、競合他社との争いは必ず付いて回ります。
(沢山物件あるなぁ、と思って見ていくと取扱い会社が違うだけで物件は
皆同じとか、のことです。取扱い会社が多いほど自社に来る反響の割合は
減ります)ですので成約の精度を高めるには自社サイトへの誘導は不可欠
と言えます。弊社では「打率を挙げるなら独自性の高い自社サイト」を提唱し、
お客様とともに質の高いサイト作りを行ってまいります。
ポータルはサブ

他社との差別化

不動産サイトは物件ページが主体なのはもちろんですが、その中身を見ると
ポータルサイトとあまり変わらない情報量であったりします。多くの不動産
ASPサービスがそのような仕様になっているから無理もありません。
ここで差別化する例をひとつ挙げると物件の情報量を充実させたライブラリ
ーを設けるといった手法が考えられます。

この場合、ポータルサイトにはない情報が発信できるのでユーザーへの
アピール力が高まるのはもちろん、オーナー様へのPR力も同時に高めること
が出来ます。オーナ様からしたら自分の物件をここまで丁寧に紹介してくれ
ているのかと好印象は持たれても、悪い印象をもたれることはまずありませ
ん。また充実したコンテンツは検索エンジンから高評価を受けやすいため
SEO対策も兼ねるという『1石3鳥』の取り組みといえます。
オーナとユーザにアピール!

地域情報で差別化

不動産サイトは物件ページが主体なのはもちろんですが、その中身を見ると
ポータルサイトとあまり変わらない情報量であったりします。多くの不動産
ASPサービスがそのような仕様になっているから無理もありません。
ここで差別化する例をひとつ挙げると物件の情報量を充実させたライブラリ
ーを設けるといった手法が考えられます。

この場合、ポータルサイトにはない情報が発信できるのでユーザーへのアピ
ール力が高まるのはもちろん、オーナー様へのPR力も同時に高めることが出
来ます。オーナ様からしたら自分の物件をここまで丁寧に紹介してくれてい
るのかと好印象は持たれても、悪い印象をもたれることはまずありません。
また充実したコンテンツは検索エンジンから高評価を受けやすいためSEO対
策も兼ねるという『1石3鳥』の取り組みといえます。
地域情報で差別化

情報のストック

仲介業の場合はその性質上、どうしてもフロー情報が多く、コンテンツの
蓄積がむずかしいかもしれません。
しかし先述したような地域情報や営業エリアの物件情報をストックしたコ
ンテンツを用意しておくことはサイトに質の高いインデックスが紐付くた
め有益です。またスタッフブログやお客様の声といった情報も蓄積されて
くると会社のブランディングに貢献するため大事なコンテンツになりえる
と考えます。

「自社サイトの独自性」を考えた場合、こうした物件・街・人の情報を蓄
積し、クオリティの高いコンテンツとしてユーザーにアピールできるかが
最大の鍵と考えます。情報の蓄積がうまくいけば、SEO効果も高まる可能性
が高く(特に2階層目以降のロングテール部分で)そのサイトにはおのずと
人が訪れ、反響率も高まり、ポータルサイトだけに頼らないWEB営業が実現
できるのでは、とおもいます。
データの蓄積


お電話:03-3577-8088 お問合せフォームへ
システム事業
これからのWEB活用
  • システム事業TOP
  • 賃貸BtoCシステム
  • 売買BtoCシステム
  • 賃貸BtoBシステム
  • 賃貸Web管理報告システム
  • お問合せ(システム事業)